27歳で転職する際の正社員採用状況

今後転職を考える際に今の自分の年齢は転職に大きく影響しますし、特に正社員採用を視野に考えるなら転職する年齢は重要になってきます。各企業、20代後半~30歳前の特に27歳という年齢は、企業によって採用をするべきか慎重に検討をする年齢です。

大学卒であれば社会に出て数年経過している年齢でもあり、新卒とはまた経験値や考え方など採用後は即戦力として期待をする年齢でもあります。また給与面でも、役職候補に近い年齢でもある為、採用する企業側としては給与に見合った仕事をする能力があるか慎重に採用時見てくる傾向があります。

その為、転職する際、自分が前職でどのような経験を積んできたのか、また今後どのような事をしていき成果を上げていきたいのかなど、具体的に提示できるようにすれば正社員としてさいようされる可能性は高くなります。

また企業によって中途採用を30歳までとして設定している企業も多い事から、20代後半で転職する際は、可能な限り長く経験を積んで成長できる企業を探す側も慎重に検討をするべきです。

30代を過ぎると、次の転職先が限定されることも多く、仕事をしてみたい企業の求人があっても年齢で厳しいこともある為、27歳で転職をする際は長躯的な視野を持って探す必要があります。

更には、企業によって同業界で転職を希望している求人者に対して、なるべく前職の入りに染まっていない職員を採用するケースもあります。

長く就業していればそれだけ会社のやり方や方針が身に付く為、新しい職場に就職しても、プライドや知識が邪魔をして新しいルールや知識を吸収できない人もいるからです。ですから27歳という年齢は、まだそこまで染まっていないという印象を相手企業に持ってもらえる年齢でもあります。

27歳が転職する時の過去の転職回数

少し前までの日本では、一度就職すれば定年までその会社で働き、勤務年数が上がるごとに出世をしていくという時代でした。

しかし最近では、転職をしながらキャリアアップをしていき、実力次第で出世が出来る時代になってきています。

そのため転職を繰り返す人も増えてきていますので、27歳で転職をする人も珍しくありませんが、27歳という年齢であまりにも転職回数が多いのは企業に与える印象はマイナスになってしまうことが多いでしょう。

27歳の時点で3回程度転職をしていれば、転職回数は多いという判断をされるようになりますので、転職時には不利になることがあります。

不利になる理由としては、忍耐力が足りないと思われ我慢強さがないと思われてしまいがちです。

数か月間しか働かずに転職をした人はそう思われても仕方ないでしょう。

しかし転職の際に不利になる場合もありますが、面接時にいかにしっかりと自己アピールが出来るかによって、採用されるかが決まってきます。

転職回数が多い人が思われてしまいがちなのが、コミュニケーション能力が足りないのではないかという点です。

コミュニケーション能力が低いために以前の会社では人間関係をうまく構築することが出来ずに退職をしたのではないかと思われてもいけませんので、面接時にはコミュニケーション能力があることも見せなければなりません。

元気がなかったり、質問にも答えられないようであれば、採用したとしても人間関係をうまく構築していけないと判断されます。

仕事をしていくうえでは人間関係が悪ければ、職場の雰囲気も悪くなることになり、仕事の効率が下がることになりますので、企業にとってはマイナスの人材になります。
欲しいと思われる人材にならなくてはなりません。

27歳!転職を!公務員に!

大学を卒業して、30歳を間もなく迎える社会人として働いてきた人は、ある程度責任ある仕事も任されるようになる年齢が27歳です。後輩も増え、少しずつ指導する立場になります。会社で働いてきたけど、安定した職業の公務員に転職したいという人もいるでしょう。

公務員になるために、退職して勉強するのもひとつの方法です。公務員は、27歳から28歳がチャンスで、挑戦する人も多いです。仕事を辞めて、貯金を学校に通うための費用にまわして、挑戦する人もいるし、独学で勉強する人もいます。

自分のおかれた経済的事情や、生活スタイルに合わせた勉強法が大切です。

結婚していて、家族もある場合は、家庭の経済的事情も考慮した上で、勉強を進めていくことが、公務員へ転職する第一歩です。公務員になるための学校も数多くあります。社会人向けに講座を開設している学校もあるので、仕事に通いながら勉強する人もいます。27歳は、新たな夢に向かって挑戦する年齢です。27歳を過ぎてからは、年齢的なことも関係してくるので、タイミングを逃してしまうこともあります。

公務員は安定した職業なので、将来的にも不安なく長年勤めることができ、最近では特に人気のある職種です。実現させる為にも、専門の講師に授業を受けることも良いでしょう。

経済的余裕があれば、学校に通いながら勉強することで、公務員の転職の夢が近づくでしょう。独学で勉強する人も、諦めずに自分を信じて進めば、夢を掴むことができます。

年々公務員の受験者数も多くなっているので、挑戦するのもやりがいが感じられるでしょう。27歳で社会で経験した強みがあるので、自信を持って勉強に取り組むことが大切です。自分に合ったスタイルで勉強を始めましょう。

27歳 転職 | 経歴別におすすめ転職エージェントを紹介!

27歳・・転職するならこのタイミング?

今の仕事を辞めて違う仕事に転職する人には、様々なタイミングがあります。

ポジティブなものもあれば、ネガティブなものまで・・・

キャリアアップにつながらない仕事ばかり
給料がもう少し高ければよいのに
結婚を機に住む場所を変えたい
将来の見通しが悪い

当サイトは『27歳が転職をするなら?』をテーマに27歳による27歳のための転職活動を応援するサイトです。

目次
統計から読み解く転職年齢
27歳の転職活動は企業からどのように映るのか
27歳が転職活動を成功させるために必要なこと

統計から読み解く転職年齢

27歳,転職

(転職支援サービス:DODAより)

上のグラフを見てもらえばわかるように、年々転職成功者の平均年齢は上がっています。
※転職成功者とは転職後に給料が上がる等条件が良くなった人のこと

転職成功者の特徴をご紹介すると
ミドル層、リーダー的ポジション経験有
業界でのビジネス経験がある
必要資格を持っている等

起業にとって有益な人材であれば、転職も良い結果になると推測することができます。

27歳の転職活動は企業からどのように映るのか

転職成功者の年齢が30歳前後であるのに対して、27歳という年齢はどのように企業に映るのか考えていきましょう。

モデルケース1:高卒27歳

18歳:高校卒業と同時に正社員として働きだす
~27歳:一つの会社で9年間仕事を続け、中堅ポジション

このようなケースであれば、どのような業界であれ同一業界への転職には有利に働くと考えられます。

会社ごとによって、給与ベースは決められているので同一業界のより給与ベースの高い、条件の良い会社への転職をおすすめします。

モデルケース2:大卒27歳

22歳:大学卒業とと同時に新卒入社
~27歳:5年間一つの会社で仕事を続け若手教育もこなすポジション

このようなケースではさらに大きな企業への転職は少し厳しいかなという印象です。

今の仕事に面白味がなかったり、新しい仕事を一から作り上げたいというタイプならベンチャー企業や新興企業への転職をおすすめします。

新人教育に予算を割くことができないこれからの企業なら、教育をする手間を前職で済ませた後の人材ということで評価されることはあります。

何か取得困難な資格や業務独占資格を持っているならこの限りではありません。

モデルケース3:大卒フリーター27歳

22歳:大学卒業後就職せずにフリーター
~27歳:一念発起して正社員になる決意をした

このようなケースでは最初のステップとして、まず正社員への道を目指すのは非常にありです。

会社が決まるまで多少の苦労はするでしょうが、将来を考えると最後のタイミングかもしれません。

決断は早いに越したことはありません、すぐに行動に移しましょう。

27歳が転職活動を成功させるために必要なこと

上で紹介したモデルケース1,2とモデルケース3では転職活動を成功させる方法に少し違いがあります。

モデルケース1,2の場合は、現在の仕事を続けながらもより良い条件を出してくれる会社への転職を考えるべきですが、モデルケース3の場合はできるだけ早く正社員への道を歩むべきです。

それを実現させるためにも、ハローワークのようなタイプの就職支援サービスではなくて、積極的に就職支援をしてくれる転職エージェントや転職サイトを利用して効率的に転職活動を進めていくことをおすすめしています。

転職エージェントと転職サイトの違い

27歳での転職なら、ほとんどの人は転職経験がない状態、初めての転職になることが大半だと思います。

まずは、転職支援をしてくれるサービスの違いを頭に入れておくことから始めます。

転職エージェント

1人1人に専門スタッフが付き、マンツーマンで転職をサポート
会社ごとの特徴(雰囲気、面接、社長情報)をスタッフが指導
自分では見つけにくい長所、短所等をカウンセリングで引き出す

転職サイト

自分で求人を探し、求人に応募するタイプ
マイペースで転職活動ができる
他者の視点がないので、情報の質と量が不足する

どちらのタイプを利用しても良いのですが、より良い条件を引き出して転職を成功させたいならエージェント型がおすすめです。

エンジニア専門転職エージェント

大卒の人の28歳時の転職について

大卒で28歳で転職というのは、一度「新卒」でどこかに就職してから、そこを退職して新たな所に、就職する事です。

日本では、学校を卒業してから3年以内を「新卒」として扱います。学校を卒業してから3年を超えての就職する場合には「既卒」になります。

また、日本においては、27歳以下の場合には「新卒」扱いし、28歳以上の場合には「既卒」扱いにすることがあります。

「新卒」においては、「将来性」が採用の際に見られます。他方。「既卒」の場合には、「実績・キャリア」が見られます。

大卒で28歳の場合で転職する場合には、一般的には、どこかに勤めた事の有無に関係なく、「既卒」での扱いになります。

28歳時点で、希望職種において、「実績・キャリア」がないと、多くの会社では転職を成功させる事が難しいです。

経験がないのに、経験が求められるからです。

また、「大卒」が就職するような会社は比較的規模が大きい会社になります。その場合には、給料等の待遇面が良い事が多く、中途採用は難しい傾向にあります。なぜなら、「新卒」で入社する人が多い事、または、待遇がいいので、「中途枠」での競争が激しいからです。

28歳の大卒の人が転職する場合には、今まで経験した職種・その職種に関係がある職種・中途採用が活発な企業・新興企業・営業等一人で動くことが多い職種等が転職しやすいです。

中小零細であれば、28歳でも「新卒」扱いしてくれるところもあります。

どちらにしろ、「新卒優遇社会」の日本の旧来からの就職状況がある中では、28歳の大卒の転職は容易ではないです。

また、日本においては、27歳30歳35歳時点に、転職を成功させる一般的な壁があるとされます。杓子条規的に考えるのが好きな日本においては、28歳の大卒の転職は、平易な道ではないです。

自衛隊って転職可能?