27歳・・転職するならこのタイミング?

今の仕事を辞めて違う仕事に転職する人には、様々なタイミングがあります。

ポジティブなものもあれば、ネガティブなものまで・・・

キャリアアップにつながらない仕事ばかり
給料がもう少し高ければよいのに
結婚を機に住む場所を変えたい
将来の見通しが悪い

当サイトは『27歳が転職をするなら?』をテーマに27歳による27歳のための転職活動を応援するサイトです。

目次
統計から読み解く転職年齢
27歳の転職活動は企業からどのように映るのか
27歳が転職活動を成功させるために必要なこと

統計から読み解く転職年齢

27歳,転職

(転職支援サービス:DODAより)

上のグラフを見てもらえばわかるように、年々転職成功者の平均年齢は上がっています。
※転職成功者とは転職後に給料が上がる等条件が良くなった人のこと

転職成功者の特徴をご紹介すると
ミドル層、リーダー的ポジション経験有
業界でのビジネス経験がある
必要資格を持っている等

起業にとって有益な人材であれば、転職も良い結果になると推測することができます。

27歳の転職活動は企業からどのように映るのか

転職成功者の年齢が30歳前後であるのに対して、27歳という年齢はどのように企業に映るのか考えていきましょう。

モデルケース1:高卒27歳

18歳:高校卒業と同時に正社員として働きだす
~27歳:一つの会社で9年間仕事を続け、中堅ポジション

このようなケースであれば、どのような業界であれ同一業界への転職には有利に働くと考えられます。

会社ごとによって、給与ベースは決められているので同一業界のより給与ベースの高い、条件の良い会社への転職をおすすめします。

モデルケース2:大卒27歳

22歳:大学卒業とと同時に新卒入社
~27歳:5年間一つの会社で仕事を続け若手教育もこなすポジション

このようなケースではさらに大きな企業への転職は少し厳しいかなという印象です。

今の仕事に面白味がなかったり、新しい仕事を一から作り上げたいというタイプならベンチャー企業や新興企業への転職をおすすめします。

新人教育に予算を割くことができないこれからの企業なら、教育をする手間を前職で済ませた後の人材ということで評価されることはあります。

何か取得困難な資格や業務独占資格を持っているならこの限りではありません。

モデルケース3:大卒フリーター27歳

22歳:大学卒業後就職せずにフリーター
~27歳:一念発起して正社員になる決意をした

このようなケースでは最初のステップとして、まず正社員への道を目指すのは非常にありです。

会社が決まるまで多少の苦労はするでしょうが、将来を考えると最後のタイミングかもしれません。

決断は早いに越したことはありません、すぐに行動に移しましょう。

27歳が転職活動を成功させるために必要なこと

上で紹介したモデルケース1,2とモデルケース3では転職活動を成功させる方法に少し違いがあります。

モデルケース1,2の場合は、現在の仕事を続けながらもより良い条件を出してくれる会社への転職を考えるべきですが、モデルケース3の場合はできるだけ早く正社員への道を歩むべきです。

それを実現させるためにも、ハローワークのようなタイプの就職支援サービスではなくて、積極的に就職支援をしてくれる転職エージェントや転職サイトを利用して効率的に転職活動を進めていくことをおすすめしています。

転職エージェントと転職サイトの違い

27歳での転職なら、ほとんどの人は転職経験がない状態、初めての転職になることが大半だと思います。

まずは、転職支援をしてくれるサービスの違いを頭に入れておくことから始めます。

転職エージェント

1人1人に専門スタッフが付き、マンツーマンで転職をサポート
会社ごとの特徴(雰囲気、面接、社長情報)をスタッフが指導
自分では見つけにくい長所、短所等をカウンセリングで引き出す

転職サイト

自分で求人を探し、求人に応募するタイプ
マイペースで転職活動ができる
他者の視点がないので、情報の質と量が不足する

どちらのタイプを利用しても良いのですが、より良い条件を引き出して転職を成功させたいならエージェント型がおすすめです。

エンジニア専門転職エージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です