少し前までの日本では、一度就職すれば定年までその会社で働き、勤務年数が上がるごとに出世をしていくという時代でした。

しかし最近では、転職をしながらキャリアアップをしていき、実力次第で出世が出来る時代になってきています。

そのため転職を繰り返す人も増えてきていますので、27歳で転職をする人も珍しくありませんが、27歳という年齢であまりにも転職回数が多いのは企業に与える印象はマイナスになってしまうことが多いでしょう。

27歳の時点で3回程度転職をしていれば、転職回数は多いという判断をされるようになりますので、転職時には不利になることがあります。

不利になる理由としては、忍耐力が足りないと思われ我慢強さがないと思われてしまいがちです。

数か月間しか働かずに転職をした人はそう思われても仕方ないでしょう。

しかし転職の際に不利になる場合もありますが、面接時にいかにしっかりと自己アピールが出来るかによって、採用されるかが決まってきます。

転職回数が多い人が思われてしまいがちなのが、コミュニケーション能力が足りないのではないかという点です。

コミュニケーション能力が低いために以前の会社では人間関係をうまく構築することが出来ずに退職をしたのではないかと思われてもいけませんので、面接時にはコミュニケーション能力があることも見せなければなりません。

元気がなかったり、質問にも答えられないようであれば、採用したとしても人間関係をうまく構築していけないと判断されます。

仕事をしていくうえでは人間関係が悪ければ、職場の雰囲気も悪くなることになり、仕事の効率が下がることになりますので、企業にとってはマイナスの人材になります。
欲しいと思われる人材にならなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です